次回から「ルナの簿記2級ナビ」でご検索ください。

簿記2級と3級の違いは何?わかりやすく比較して解説するよ!

簿記3級と2級の違い簿記の始め方
SPONSORED LINK
 
ピョン
ピョン

簿記3級と簿記2級の違いって何?具体的に教えて~

このような疑問にお答えします。

この記事を読むことでわかること

  • これから簿記3級、簿記2級を受ける予定だけどどんな違いがあるか知りたい
  • 試験内容の違い
  • 難易度の違い
  • 勉強時間・勉強方法の違い
  • 就職・転職メリットの違い等

記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格できました。

範囲改定後の150回簿記検定の合格者。

簿記2級取得後は、実務経験ゼロで経理事務に再就職しています。

ルナ
ルナ

簿記2級の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

簿記3級2級の違い

 

 

はじめて簿記を勉強する方は、どこから勉強を始めればいいのか、簿記3級と簿記2級にはどのような違いがあるのか、などわからないことが多いはず!
ということで、この記事では、簿記3級と簿記2級の違いを7つに分けて解説します。
まず簿記3級と簿記2級の試験内容、概要の違いをおさらいしましょう。
ルナ
ルナ

まずは、簿記3級と簿記2級検定の違いをしっかり把握しよう!

簿記3級と簿記2級 検定内容の違い比較

 

ルナ
ルナ

まずは、簿記3級と簿記2級の試験内容の比較表はこちら。

簿記3級簿記2級
試験科目商業簿記商業簿記・工業簿記
検定料金(税込)2,850円4,720円
試験日6月第2日曜日・11月第3日曜日・2月第4日曜日6月第2日曜日・11月第3日曜日・2月第4日曜日
特徴業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき
「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。
経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。

 

高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、
財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、
企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

試験時間2時間2時間
合格基準100点満点中70点以上2科目合計70点以上(100点満点)
※商業簿記60点満点・工業簿記40点満点
合格率(153回(2019.11.17))43.1%27.1%
直近3年間の最低合格率40.30%12.70%

 

試験科目の違い:工業簿記

簿記2級には工業簿記が加わります。

ルナ
ルナ

これが一番大きな違いだよ。

配点としては、商業簿記60点満点、工業簿記40点満点です。

最近の傾向としては、商業簿記の難易度がアップしているため、工業簿記で満点を取らないと簿記2級に合格することが難しくなっています。

逆に言えば、工業簿記を押さえれば簿記2級の合格がグッと近くなります。

 

工業簿記は、一つの製品を完成させるまでにかかった材料費や人件費、経費など原価計算します。

製造業以外の業種だと馴染みのない用語が出てきたり、流れのイメージが出来なかったりで馴染めない方がいるかもしれません。

とはいえ、工業簿記は商業簿記に比べ勉強すればするほど、慣れれば慣れるほど点が取りやすいのも事実です。

2級の検定問題に関しては、難易度的に『商業簿記 > 工業簿記』なので、安心してくださいね。

 

ルナ
ルナ

工業簿記から8年逃げていた私も最終的に工業簿記はほぼ満点だったのでやれば伸びる科目だよ。

 

 

社会的評価の違い

ルナ
ルナ

商工会議所のHPには、このように書かれています。

簿記3級

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。

簿記2級

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。

 

つまり、

  • 簿記3級・・・社会で働くなら必ず身に着けて起きたい会計の必須基礎知識。
  • 簿記2級・・・企業から最も求められる会計知識。

ということです。

 

 

勉強する内容としては、

簿記3級は個人商店の簿記、簿記2級は株式会社の経営状態が理解できるレベルの簿記となるので、

会社で生かしたいと思うのであれば、簿記2級まで取得するのがおすすめです。

 

簿記2級をいきなり受験してもいいの?

 

ピョン
ピョン

簿記2級を取得した方がいいみたいだけど、簿記初心者がいきなり簿記2級を受験してもいいの?

簿記初心者(簿記3級を持っていない)がいきなり簿記2級を受験することは可能です。

特に受験資格はありません。

 

とはいえ、簿記2級は簿記3級の知識を基礎としているので、簿記3級の知識を入れてからでないと理解するのに余計な時間がかかってしまいます。

 

 

簿記3級、簿記2級の両方を勉強して、同時受験(ダブル受験)も可能です。

 

 

難易度の違い

ルナ
ルナ

簿記3級と簿記2級の難易度を合格率から見てみましょう!

 

簿記3級の合格率

受験者数実受験者数合格者数合格率
154(2020.2.23)100,690名76,896名37,744名49.1%
153(2019.11.17)99,820名80,130名34,519名43.1%
152(2019.6.9)91,662名72,435名40,624名56.1%
151(2019.2.24)104,357名80,360名44,302名55.1%
150(2018.11.18)111,657名88,774名38,884名43.8%
149(2018.6.10)101,173名79,421名35,189名44.3%
148(2018.2.25)102,212名78,243名38,246名48.9%
147(2017.11.19)113,559名88,970名35,868名40.3%
146(2017.6.11)102,077名80,227名40,880名50.9%
145(2017.2.26)105,356名80,832名38,289名47.4%

 

簿記2級の合格率

受験者数実受験者数合格者数合格率
154(2020.2.23)63,981名46,939名13,409名28.6%
153(2019.11.17)62,206名48,744名13,195名27.1%
152(2019.6.9)55,702名41,995名10,666名25.4%
151(2019.2.24)66,729名49,766名6,297名12.7%
150(2018.11.18)64,838名49,516名7,276名14.7%
149(2018.6.10)52,694名38,352名5,964名15.6%
148(2018.2.25)65,560名48,533名14,384名29.6%
147(2017.11.19)63,757名47,917名10,171名21.2%
146(2017.6.11)58,359名43,767名20,790名47.5%
145(2017.2.26)78,137名60,238名15,075名25.0%

 

簿記3級に関しては、40%~56%→平均47%。

簿記2級は、12%~47%→平均23%。

ルナ
ルナ

簿記2級は、簿記3級の半分ほどしか合格できてないね。

簿記2級に関しては、2018年に簿記1級の範囲だった連結会計等が簿記2級に降りてきたこともあり、試験回によって合格率にばらつきがあります。

 

連結会計などの大きな論点が簿記2級の範囲になったことで、

以前の簿記2級より難易度が高くなったのは言うまでもありません。

 

とはいえ、質のいい勉強をコツコツすれば合格できない試験ではありません。

 

 

 

勉強時間の違い

一般的に簿記3級の勉強時間は、おおよそ100時間必要だといわれています。

期間にすると毎日1時間ずつの勉強で3ヶ月ですね。

 

一方、簿記2級に関してですが、一般的に200時間とか300時間とか、簿記3級を持っていれば150時間などと言われています。

 

確かに、300時間勉強すれば、簿記2級の範囲は網羅できるかもしれません。

 

しかし、この勉強時間を目安に勉強して、7割から8割の方が不合格になっているわけなので・・・

合格するための勉強時間は300時間では足りないのかなとも思います。

 

ルナ
ルナ

私の場合、絶対簿記2級に一発合格すると決めていたので、勉強時間はもっと長いです。

 

 

勉強方法(学習方法)の違い

簿記3級は、市販本を使った独学でも合格可能です。

ルナ
ルナ

簿記3級は市販の本だけで満点合格できたよ。

 

 

簿記2級に関して合格できる勉強方法は、人によるとしか言えませんが・・・

 

簿記3級の時点で簿記が難しく感じた方、

自分で問題解決するのが苦手な方や、

挫折しやすい方、コツコツ勉強することが苦手な方は、

はじめからスクールや通信講座の力を借りることを考えた方がいいかもしれません。

 

というのも、簿記2級の商業簿記・工業簿記は、ひとつわからない部分があると、連鎖して理解ができなくなる部分が多くあるのです。

 

はじめから質問しやすい環境、すぐに問題解決でき挫折しにくい環境を作っておくことで、簿記2級の勉強が進みやすくなり、合格がグッと近づきます。

 

簿記2級を独学してしまったために、

「自分には簿記2級は無理だ!」「どこもかしこもわからないから簿記2級やめた!」

となってしまうのが一番もったいないのです。

 

私自身、簿記2級は市販の本とオンライン簿記講座のダブル使いしたのですが、これが一発合格の勝因だと考えています。

 

 

ルナ
ルナ

市販本だけで独学しようかとも考えたけど・・・一発で合格したかったから講座も受けることにしたよ。

オンライン講座使い方としては、

スキマ時間(風呂、家事、外出中他)はオンライン講座を聞き、

机上でする勉強は、市販本を用いるという形です。

 

自分でテキストを読むだけでは、理解できなかったところがオンライン講座ですんなり理解出来たり、自然と勘定科目も頭に入っていたり、理解も記憶も労力をかけずにできました。

インプットがしっかり固まると、アウトプットに時間をかけられるので重宝しましたよ。

ルナ
ルナ

簿記2級はアウトプットの方が大事だからね。

 

 

転職・就職のメリットの違い

簿記3級合格と簿記2級合格だと・・・

転職・就職に関しては、簿記2級の方が断然メリットが大きいです。

 

基本、履歴書に書くことができるのは簿記2級取得からです。

 

実際、私は簿記2級を取得してから転職しているわけですが、簿記3級だけ持っている時と反応が全く違いました。

ハローワーク側からも求人の提案があり、登録した転職エージェントからもかなりいい条件の求人を紹介してもらうこともできました!

転職エージェント>>公式:MIIDAS(ミイダス)

簿記3級を持っているなら、簿記3級取得できたなら、簿記2級取得まで頑張る価値が大いにありますよ!

ルナ
ルナ

簿記2級は、かなりメリットが大きいよ。

簿記2級と3級の違いのまとめ

簿記3級から簿記2級の勉強に移った時は、勉強の範囲の広さと難しさで大丈夫かな?と

不安になるかもしれません。

難易度の違いに怖気ずくかもしれません。

 

しかし、簿記2級は毎日コツコツ積み上げれば必ず合格できる資格でもあります。

ぜひ、簿記2級取得を目指して、簿記3級から始めてみてくださいね。

 

 

 

受講料金が安い簿記講座(税込・キャンペーン・送料等考慮無し)

第1位スタディング19,418円オンライン講座いつでもスキマ時間を有効に使える
第2位フォーサイト31,104円DVD講座フルカラーの要点を絞ったテキスト
第3位ネットスクール40,200円WEB講座リアルタイムの講義「ライブ講義」あり
第4位クレアール45,000円WEB通信高速高回転学習で効率よく記憶の定着
第5位ユーキャン49,000円通信講座通信講座定番の学習スタイル
第6位LEC東京リーガルマインド59,400円~WEB講座画期的な講義スタイル
第7位資格の大原66,000円~WEB講座会計の資格学校でノウハウ豊富
第8位資格の学校TAC71,000円~WEB講座2級再受験コースなら66,000円~