次回から「ルナの簿記2級ナビ」でご検索ください。

日商簿記3級・2級のネット試験はどうなる?情報まとめ!

簿記のネット試験簿記の始め方
SPONSORED LINK

 

ピョン
ピョン

簿記3級と2級でネット試験が始まるって聞いたけど今わかってることを教えてほしい!

この記事ではこんな疑問にお答えします。

 

2020年9月10日商工会議所から2020年12月よりネット試験を追加する予定」というビックリなニュースが入ってきました!

ようやく、試験範囲の改定が落ち着いてきたかなと思っていましたが、今度は試験制度まるごと変わってしまうとは・・・なんだか落ち着かないですよね。

 

この記事では、簿記3級・2級のネット試験について現在わかっている情報をまとめていきますので参考にしてください。

 

 

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格。

その後、未経験経理事務に再就職しました。

ルナ
ルナ

簿記の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

ネットスクール簿記講座の評判

 

 

日商簿記3級・2級のネット試験はどうなる?情報まとめ!

簿記のネット試験




商工会議所から「簿記3級・2級のネット試験」についての情報が発表されたのは9月10日と18日。

 

⇒9/10発表「第156回日商簿記検定試験(2020年11月15日施行)を受験予定の皆様へ

⇒9/18発表「「日商簿記検定試験(2級・3級)」へのネット試験方式の追加について

 

簿記3級と2級に関して、従来の統一試験方式(2.6.11月)に加え、随時ネット試験方式が追加されます。

ルナ
ルナ

ちなみに簿記1級は従来の検定のみで変更はありません。

 

ネット試験はいつから始まる?

簿記3級・2級のネット試験は2020年12月中を目途に施行開始予定。

(申込受付開始は11月下旬を予定)

ルナ
ルナ

2020年11月までは従来の統一試験方式のみです。

ネット試験の会場

商工会議所が認定した全国100箇所の「テストセンター」で実施されます。

ネット試験と聞くと、在宅で受験できると勘違いしてしまうかもしれませんが、自宅受験はできません。

もちろん、自分のパソコンを使うこともできません。

 

ルナ
ルナ

全国100箇所のテストセンターの一覧は決定次第発表になるそうです。

各都道府県ごと少なくとも1か所は設置されるとして47箇所。

残り53箇所で、各都道府県2箇所ずつと考えると・・・少なく感じますね。

今までのように近所の商工会議所や学校で受験できないので受験会場に行くまでが大変かもしれません。

 

ネット試験の申し込み方法

ネット試験は「テストセンター」の全国統一申込サイトから申込みます。

  • 受験希望日時
  • 受験希望会場
  • 受験者情報 等

を入力し、クレジットカードかコンビニ払いを選択し、受験料および申込手数料を決済します。

 

ネット試験の受験料

ネット試験の受験料は従来の統一試験方式と同額です。

2級:4,720円
3級:2,850円

となります。

ネット試験の出題範囲

ネット試験の出題範囲は、「現行出題区分表」適用です。

ですので、現行の試験範囲は変更ありません。

ネット試験の試験時間

ネット試験の試験時間は

  • 簿記3級:60分
  • 簿記2級:90分

となります。

 

2020年11月(第156回)と2021年2月(第157回)の統一試験については今までと同じ

  • 簿記3級:120分
  • 簿記2級:120分

で行われます。

 

ルナ
ルナ

統一試験がガラッと変わるのは2021年度から!

つまり、2021年度に入ってから実施される2020年6月(第158回)統一試験からは、ネット試験方式と同じ試験時間、出題範囲・出題形式で統一されます。

  • 簿記3級:60分
  • 簿記2級:90分

 

ルナ
ルナ

今までの過去問が使えなくなるので多少混乱しそうですね・・・

 

ネット試験の問題形式

ネット試験の問題形式は「若干の変更を予定」とされています。

 

ルナ
ルナ

後日、サンプル問題が検定ホームページで公開されるようなので後日チェックする予定です。

難易度は従来と変わらないように下げられないでしょうから、問題数が減るのか?どのあたりを変えるのか?全貌がわかるまでは試験対策が大変になりそうです。

簿記3級に関しては、試験時間が半分になるので・・・どんな問題形式になるのか気になるところです。

 

ネット試験受験の流れ

ルナ
ルナ

ネット試験受験の流れはこちら!

  1. 申し込みした日に選択した会場へ向かう
  2. 受験者ごとに異なる試験問題がインターネットを介して受験者のパソコンに配信される
  3. 受験者はパソコン上で解答を入力(試験会場が計算用紙1枚を配布。試験終了後回収される
  4. 試験終了後、試験システムにより自動採点され合否を判定
  5. 合格者にはデジタル合格証を即日交付

 

「受験者ごとに異なる試験問題」というのはパソコンで見えてしまう可能性があるから?なんでしょうかね。

 

ルナ
ルナ

数字を変える程度?だと思いますが・・・。

ネット試験のメリット

 

ルナ
ルナ

ネット試験が始まるメリットは「受験できるチャンスが増える」これが一番でしょう!

  1. 受験できるチャンスが増える!
  2. 業務の都合や学習の到達度に合わせた随時受験が可能

 

すぐに資格取得したい方、会社から取得するように言われている方、モチベーションが下がらないうちに受験したい方、他の資格と平行して勉強している方など、自分にとっていいタイミングで受験しやすくなります。

ネット試験のデメリット

ネット試験のデメリットとして考えられるのは・・・

  1. 問題の資料に書き込めない
  2. 慣れていないパソコンで入力操作をしなければならない

 

「問題用紙への書き込みやチェック」はミスを防ぐための重要なポイントです。

 

私自身、問題文の引っ掛けだと思われる部分や、見落とす可能性がある部分は先に丸で囲むことでミスを防いでいました。

また時間短縮のため、精算表は下書きの紙に仕訳を書かずに直接、問題用紙の勘定科目付近に仕訳後の数字だけ書き込んで解答していました。

 

ネット試験はパソコンに問題が表示されるため、書き込みもできず、「パソコンを見て下書きの紙に書く」という流れになります。

それゆえ、読み落としやミスにつながりやすいのでないかと感じます。

 

また、簿記の試験に加え、慣れていないパソコンで操作しなければならないというのもなかなかキツイなと。

普段プライベートで使っているパソコンや仕事で使用しているパソコンなら慣れていますが、パソコンが変わると入力ミスしがちになりませんか?

ミスしないにしても入力速度が遅くなったり・・・。

 

 

ルナ
ルナ

私は、普段ノートパソコンなのでデスクトップになるだけで打ちにくいと感じます。

 

簿記の問題を解いてから、慣れていないパソコンでミスしないように入力するという環境がなかなか大変かもしれません。

 

簿記のネット試験 自分ならどうする?

ピョン
ピョン

自分がこれから簿記2級を受験するとしたら?

ネット試験受験する?

「簿記のネット試験」少し興味があったのですが・・・私なら・・・受験しません。

今まで通り従来の統一試験に的を絞って勉強します。

ルナ
ルナ

あくまでも私の場合ですが・・・。

正直、ネット試験と統一試験の難易度を全く同じレベルに揃えるなんて可能なの?と疑問に感じている部分もあります。

実際にネット試験が始まって全貌が見えてこないとなんともいえませんが、今の時点、自分だったら統一試験に絞って対策をするのかなと。

 

今後、各スクールや出版会社は統一試験対策とネット試験対策で分けて対策を練ってくるのか?どういう対応をしてくるのか?というところも気になっています。

 

ということで、今現在わかっている簿記3級・2級のネット試験情報をまとめました。

また随時追記していきます。

ルナ
ルナ

今はとにかく2020.11月統一試験に向けて頑張ってくださいね。

 

 

 

受講料金が安い簿記講座(税込・キャンペーン・送料等考慮無し)

第1位スタディング19,418円オンライン講座いつでもスキマ時間を有効に使える
第2位フォーサイト31,104円DVD講座フルカラーの要点を絞ったテキスト
第3位ネットスクール40,200円WEB講座リアルタイムの講義「ライブ講義」あり
第4位クレアール45,000円WEB講座高速高回転学習で効率よく記憶の定着
第5位ユーキャン49,000円通信講座通信講座定番の学習スタイル
第6位LEC東京リーガルマインド59,400円~WEB講座画期的な講義スタイル
第7位資格の大原66,000円~WEB講座会計の資格学校でノウハウ豊富
第8位資格の学校TAC71,000円~WEB講座2級再受験コースなら66,000円~