簿記2級の必要性は?将来性がある資格なのか解説!

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級の必要性将来性”簿記の活かし方
SPONSORED LINK
  • 簿記2級の必要性を知ってから勉強したい。
  • 簿記2級はそもそも必要?将来性は?
  • 簿記2級は社会で役に立つの?
ルナ
ルナ

というような簿記2級の必要性や将来性について解説します。

この記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格できました。

今の簿記2級は、昔の簿記2級とは試験範囲も難易度もまるっきし違います。

改定後の150回簿記検定の合格者なので割と情報の信頼性はあるかなと。

簿記2級取得後は、現在は経理事務の仕事に再就職して働いています。

ルナ
ルナ

簿記2級の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級合格”

 

 ▼私が使ったオンライン簿記講座▼

簿記2級の必要性は?将来性がある資格なのか解説!





ルナ
ルナ

簿記2級はビジネス系資格で一番人気の資格だよ。

国家資格でもないのに、ここまで人気の資格は簿記2級以外なかなかないですね。

しかも、学生から社会人、主婦まで幅広い年代や立場の方が受験する資格でもあります。

 

簿記2級合格者が感じた簿記2級の必要性

私は、宅建、FPなどの資格を持っていますが、簿記の知識が一番役に立っています。

何と言っても、どの資格よりも、仕事・日常全般での応用範囲がとにかく広いんです!!

 

仕事においては、日々の経理処理の他、案件の見積で原価計算(工業簿記)を活用したり、営業面では、決算や経営分析、次年度の予算作成など頼られる場面が多いです。

 

また、貸借対照表も損益計算書も読めるので、プライベートでやっている投資(株)にもかなり役に立っています。

そして、私が勤めているのは副業OKの会社なので、確定申告を行いますが、仕訳も経費処理、減価償却もバッチリわかります。

また以前はよくわからなかった経済ニュースの理解も深くなりました。

 

ルナ
ルナ

何と言ってもコスパが最高の資格だと思う!!

難しい国家資格取得の勉強は年単位でかかる上、試験は年一回の場合が多いですよね。

しかし、簿記に関しては半年を目安に簿記3級から始めても数カ月で簿記2級レベルに達することができます。

しかも、年3回も受験チャンスがあり、受験料も安いときたら、受験しない手はないと思うんです。

 

しかも、基本の簿記知識は世界共通です。

簿記の資格、コスパが良すぎですよね。

 

 

簿記2級の将来性は?

簿記2級の資格は、将来的にも安泰かと。

AIなどが進んでいったとしても、お金がからまない会社なんて世の中にはないんですからね。

 

実際、経理の求人はいっぱいあります!

うちの会社でも、経理部門は人材不足で残業が多く求人を出すんですが、簿記2級取得者の応募がなかなか来ないようです。

ルナ
ルナ

実際、世の中には簿記2級を取得している人は大勢いるのになぜか?

多分、簿記2級取得後、すぐに仕事として実務経験を積む方が少ないのかなと。

そして、結局、簿記2級取得してからブランクが空いてしまい、実務経験もないし・・・ということで、なかなか資格をいかせていないのかなという印象を受けます。

 

ピョン
ピョン

宝の持ち腐れね・・・

ですので、資格を取ったらすぐに実務経験を積むようにすれば、将来性は抜群の資格だと言えます。

 

簿記2級は就職や転職に役立つ資格なのか?

以前は、簿記2級取得の採用条件に加えて、「実務経験〇年以上」という求人ばかりでした。

しかし、最近は人材不足もあり、「未経験者歓迎」の求人がかなり増えていきました。

ルナ
ルナ

実際、私も経理未経験で再就職しているからね。

はじめは、日商簿記2級の試験と実務経験との違いに戸惑うことはあっても、しっかり簿記2級の勉強をしていれば、あとは慣れ。

未経験だからと言って無理な仕事ではありませんでした。

 

また、私は、過去にも転職をしているのですが、面接のときに、

「帳簿は読める?(簿記は出来る?)」

と聞かれたことがありました。

 

それだけ、数字が読める人材と言うのは、会社から求められているんです。

 

お金が関わらない会社はほとんどないのだから、当然といえば当然ですが、応募の必須条件にしているところも少なくないです。

しかも、簿記2級は男女問わず多くの求人があり、年齢が上がるほど(実務経験を積めば積むほど)信頼が増し、重宝される資格ってなかなかないです。

 

新卒の時点で簿記2級を持っていたら、もっと実務経験も積めただろうし、仕事の幅も広がり、企業からの見方も変わっていたのではないかなと思うことがあります。

 

ということで、簿記2級は就職・転職・キャリアアップに役立つ、かかせない資格です。

 

簿記2級を取得して良かった3つの最大メリット

 

ルナ
ルナ

簿記2級はコスパも汎用性が高い資格でメリットがいっぱい!

その中でも取得して良かったなと思うメリットを紹介するよ。

簿記2級という肩書き

事務系の仕事で何回も転職をしてきましたが、簿記2級取得をしてからの面接は「簿記2級」という肩書の威力を肌で感じました。

 

肩書きが全てではありませんが、やはり面接官から見たら判断材料にします。

 

明らかに、簿記3級を取得した8年前より、簿記2級を取得したあとの転職はスムーズだったので、簿記2級という肩書パワーだと感じています。

事務系の仕事だと、売り上げなどの成果が目に見えないので、スキルの差を表す簿記2級という肩書きで判断されます。

 

また、人(面接官)によっては(以前の会社の上司のように:私のプロフィール参照)、3級じゃ意味がない、2級を持たないと意味がないという考えの方も実際いますからね・・・。

 

簿記2級で年収アップ!

簿記2級を取って年収がアップした点。

簿記3級取得の方も一緒に働いていますが、簿記2級のみ資格手当10,000円が付いてます。

年間12万、10年間働けば120万もの差になりますよ。

将来、経理部門の管理者になったり、数字がわかるのでプロジェクトに加わったり・・・そうなればさらに収入アップが狙えます。

 

簿記2級の信頼性

簿記3級は個人商店、簿記2級は株式会社の簿記っていうのは、良く聞くかと思いますが。

簿記2級は3級と比べ、知識の深さに差がでます。

実務経験を積めば、ある程度毎日の仕事をこなせても、やはり、はじめから深い簿記の知識を持って仕事に取り組むとでは当然差がでてきます。

会社の決算時にも、経営状況の把握ができますし、会社内でも信頼性も上がります。

 

簿記2級の必要性・将来性のまとめ

ということで、簿記2級は、就職・転職・キャリアアップに役立つ資格、そして汎用性が高い資格です。

ルナ
ルナ

しかも、会社の数字が読める、わかるってすごく楽しい!!

あらゆる会社で求められる知識であり、もし仕事で使わないとしても、必ず将来簿記2級の勉強が役立つ場面が来ると断言できます。

簿記2級は目指す価値のある資格ですよ。

簿記2級が役立つのであれば、受験しようかな~なんて思っている方、役立つのは言うまでもないですが、その前に簿記の勉強は楽しいですよ。

ぜひ、簿記2級の勉強を開始して、簿記の世界にはまってみてくださいね。