次回は「ルナの簿記2級ナビ」で検索してね。

簿記3級のおすすめ勉強方法【初心者でも確実に合格できるを伝授】

 

ピョン
ピョン

簿記3級を取りたい!簿記3級の勉強法や取り方を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

ルナ
ルナ

この記事を書いている私は・・・

簿記3級独学合格の8年後・・・

範囲改定後の第150回簿記2級(合格率14.7%)を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格。

簿記合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきます。

簿記の勉強の始め方

 

簿記は社会人なら知っておくべき知識が詰まった資格。

実生活でも実務でも役に立つ資格なので毎年たくさんの方が受験しています。

そこで、「簿記3級から勉強してみようかな」と思ったものの・・・

「簿記3級の効率的な勉強法や取り方がわからない」

「簿記3級の独学は難しいのかな」

と不安になっている方もいますよね。

ルナ
ルナ

私もそうだったので!

でも大丈夫です!

この記事を読むことで、簿記3級の勉強法や取り方のコツがわかりますよ。

簿記3級の勉強法を簡単にまとめると

  • 簿記3級の勉強時間は150時間~200時間
  • 簿記3級は甘く見ると落ちる
  • 簿記3級だけなら独学でも合格できる
  • インプットよりアウトプット
  • とにかく仕訳をおろそかにしない
  • 簿記2級も狙うなら講座を利用しよう

それでは解説していきます!

簿記3級のおすすめ勉強方法

簿記3級の勉強法と取り方

簿記3級合格を手に入れるための勉強法をまとめていきます。

簿記3級とは

簿記3級は国家資格ではなく、日本商工会議所が行っている資格試験です。

「簿記初級」「簿記3級」「簿記2級」「簿記1級」があり、簿記3級は簿記初心者の方が一番多く受験する資格でもあります。

簿記3級は「業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格」です。

ルナ
ルナ

簿記3級と2級の違いはこちらの記事を参考にしてね。

簿記3級の難易度・合格率

簿記3級の合格率は40%~50%程度。

簿記3級は受験申し込みをしたにも関わらず、実際には受験しない人も多かったり、会社や学校に言われてとりあえず形だけ受験するなんていうケースもあります。

ですので、簿記3級の合格率はそれほど気にする必要はないと思います。

ルナ
ルナ

とはいえ、簿記3級の難易度が上がっている?というような噂も聞いたので・・・

最近の簿記3級検定を解いてみましたが、私が受験した2010年頃と難易度は変わってないように感じました。

簿記3級の合格点

簿記3級の合格点は100点満点中70点。

70点と聞くと、怖気づいてしまう方もいるかもしれませんが、内容は基本的なものが多く、出題パターンもだいたい決まっています。

当然、電卓も使えるので、繰り返し問題に慣れておけば問題なくクリアできます。

とはいえ、簿記3級合格後、簿記2級などの上位資格に進む予定でしたら、コンスタントに90点台が取れるくらいになっておくと、その後が楽です。

簿記3級の勉強時間

簿記3級合格に必要な勉強時間は約150~200時間です。

勉強方法によっても違いますが、私自身、簿記3級は働きながらの独学で150時間弱くらいだったので概ねそのくらいかなと思います。

期間でいうと、2ヶ月間くらいでした。

簿記3級はなめたら落ちる

簿記3級はコツコツ勉強を積み重ねることさえできれば、合格できる資格です。

とはいえ、簿記3級は甘く見ていると落ちます。(どんな試験でもそうですが・・・)

SNSやネットでたまに「簿記3級1週間で受かった」「簿記3級3日しか勉強してないのに受かった」みたいな声を見たこと無いですか?

ルナ
ルナ

このような声を鵜呑みにすると痛い目に合います。

もともと、会計関係の仕事をしていて用語に聞き慣れていたり、すでに仕事で多少簿記に触れていたり、近くに簿記に詳しい会計のベテランがいたり・・・

そんな環境でない限り難しいです。

簿記3級は簿記の骨組みになる大切な知識が詰まっているので、しっかり身につくだけの時間は必要です。

簿記3級の効率的な勉強法

簿記3級は独学でも合格できます。

正しい学習方法でコツコツ勉強することができるのであれば独学でも合格できます。

簿記3級独学であれば

  • 最新テキスト
  • 問題集
  • 過去問題集

この3つをそろえればOK。

古いテキストは使用しないように。

また。あれこれいろんなテキストに手を出さず1冊勉強しやすいものを選べば大丈夫です。

 

勉強の流れは、

  1. テキストをザっと見る
  2. 再度テキストを読み込む
  3. 基本問題をやる
  4. 過去問をやる

簿記はインプットよりアウトプットが大切。

テキストを覚えることばかりに時間をかけても簿記は解けません。

インプット3:アウトプット7くらいの配分で勉強してみてください。

 

おおまかにテキスト全体が終わったらどんどん問題を解く。

問題がわからなければどんどん解答を見る。

さらにテキストで確認をする。

 

簿記3級で一番大事なのは、仕訳はあいまいなままにしないこと。

どうしてその仕訳になるのかをしっかり理解をしておきましょう。

簿記は仕訳にはじまり仕訳に終わる。

仕訳さえしっかり押さえればあとは手を動かして慣れるだけです。

簿記3級の勉強スケジュール(統一試験)

簿記3級・簿記2級の統一試験は、年3回(2月・6月・11月)に実施されます。

ルナ
ルナ

現在はネット試験もあるよ。

簿記3級の勉強スケジュールは、

  • 6月受験なら4月から勉強開始
  • 11月受験なら9月から勉強開始
  • 2月受験なら12月から勉強開始

で十分間に合います。

ただ、勉強期間の3分の1で基本的なインプットはだいたい終わらせ、残りはアウトプット中心に勉強していきます。

先ほども書きましたが、

インプット<<<<<<<・・・アウトプット

が簿記の勉強のコツです。

 

簿記3級のおすすめテキスト・問題集・過去問

簿記3級は、テキスト・問題集・過去問の3つがそろえば合格できます。

その中でも、過去問はかなり重要なので、繰り返し解きましょう。

過去問を解きながら、どの問題から解くのか、解く順番をある程度決めておく必要があります。

ルナ
ルナ

検定当日の解く順番が合否に影響することもあるからね。

簿記3級のおすすめテキスト・問題集

簿記3級のおすすめテキストと問題集はTACの

  • スッキリわかるシリーズ
  • みんなが欲しかった教科書シリーズ
ルナ
ルナ

この2つから選べば、独学でも問題なく合格出来るはずです。

スッキリシリーズは、取引がイメージしやすい構成になっているので、インプットしやすいです。

また、テキストと問題集が一冊にまとまっているので、持ち運びも便利です。

 

みんなが欲しかったシリーズは、フルカラーテキスト。

スッキリわかるシリーズより細かめの解説になっています。

 

\TAC教材(15%OFF)で買える/

簿記3級のおすすめ過去問・実践問題

実践問題や過去問は、わからない部分が無いというレベルまで何度も繰り返します。

\応援価格(15%OFF)で買える/

簿記3級のおすすめ電卓

簿記の試験は、電卓で計算します。

「うちにある適当な電卓でいいや~」と思って勉強を始めてしまうと、のちのち買い替えることになります。

というのも、電卓のせいで計算ミス、点数を取りこぼすということが結構あるのです。

ルナ
ルナ

私は、数回電卓を買い替えています。

試験間際になって、電卓を買い替えなくてはいけないとなると、キーの感覚に慣れるまで時間がかかってしまいます。

ですので、簿記の勉強を始める時点で簿記に向いているきちんとした電卓を選びましょう。

簿記2級電卓

 

私の一押しは、「カシオの JS-20WK

この電卓さえ選んでおけば、簿記3級からこの先の簿記2級、もっと上級の資格に進んでも間違いなしです。

経理などの仕事に就職してからも長く快適に使うことができます。

お値段が少々高いですが、コスパの良い買い物になると思います。

70点合格で、68点・・・計算方法はあっているのに、電卓ミスで不合格なんて悔しいことが無いように、しっかりした電卓を選んでくださいね。

電卓は、簿記の点数に直結します。

簿記3級取得のメリット

ピョン
ピョン

簿記3級を取得するとどんなメリットがあるの?

ルナ
ルナ

簿記3級のメリットはこちら!

  • 学生なら差別化につながる
  • 基本的な会計知識があると見られる
  • 仕事での実務に役に立つ
  • 転職のアピールになる
  • 副業・在宅ワークの確定申告に役に立つ
  • 家計管理に役に立つ

簿記3級は「業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格」です。

直接、仕事で簿記を使わなかったとしても、お金が絡まない仕事はありません。

簿記3級を勉強して損したなんてことはまずありません!!

もちろん、簿記3級合格後、簿記2級も取得すればさらにメリットの幅が広がりますし、実務の即戦力になります。

将来的に簿記2級にチャレンジするためにも、まずは簿記3級を目指してみてください。

簿記3級は数字が苦手でも合格できる?

簿記3級は、計算・数字・数学が苦手でも合格できます。

私自身、高校の数学は赤点でしたし、暗算も苦手、おつりの計算も間違えるレベル・・・。

それでも簿記は理解は早い方でした。

簿記が扱うものは「数字」ですが、それより重要なのは

  • 新しい言葉と仕組みを覚える力
  • 読解力

です。

計算自体は、計算機で行いますし、計算式自体も中学の数学より簡単です。

簿記が向いている人は?理系or文系

簿記3級は、計算が苦手でも数学が苦手でも合格できます。

理系だから簿記ができる、文系だから簿記ができるということはないです。

簿記が向いているタイプをあえてあげるとすれば、以下のようなタイプです。

  • 日本語の読解力がある
  • 細かい部分を見落とさない注意力
  • 落ち着いて解くことができる冷静さ
  • 流れをつかみ、全体を見渡す能力
  • ある程度の記憶力

簿記は問題文のどの部分を問われているのかを読み解く力が重要で、細かい指示を見落とすとポロポロ点数を落としてしまいます。

簿記は取引なので、どういう流れで今どの地点の取引なのか、全体をイメージ、把握することも重要。

記憶力に関しては、仕訳の「勘定科目」などを覚える必要がありますが、これは問題を解いていれば勝手に慣れ覚えていくので、ある程度の記憶力があれば十分です。

簿記2級も目指すなら通信講座を利用しよう

簿記3級の難易度

簿記3級の合格だけを目指すのであれば、「独学」で合格できます。

ただ、簿記2級合格も目指すなら、完全独学ではなかなか合格できません。

ルナ
ルナ

最近の簿記2級の合格率は、10%台から20%台です。

簿記知識ゼロから簿記2級合格を目指すのであれば、簿記講座を利用するのが合格の早道!

結局のところ、簿記3級のあと8年もあけて、簿記2級の勉強を始めた私のような勉強法が、一番時間もお金も無駄です。

しかも最近は、リーズナブル&高コスパな講座がそろっています。

ルナ
ルナ

私はオンライン講座「スタディング」も併用したよ。

講師の解説を聞くのと、自分だけで理解するのとでは、時間も労力も、理解の深さも違います。

ピョン
ピョン

たくさん簿記講座があってどこを選べばいいかわからない。

どこの講座(スクール)がいいのか迷ってしまうようでしたら、

この3つはチェック、比較してみてください。

ルナ
ルナ

3講座とも価格・内容からみて高コスパです。

スタディング簿記講座は私が簿記2級で使った講座。

 

クレアール簿記講座はリベ大でもおすすめしている人気講座。

 

そしてフォーサイト簿記講座は高い合格率を誇る講座。

カラーのテキストにとってもきれいな映像講義が受けられます。

 

ルナ
ルナ

無料体験や資料請求してもしつこい勧誘は一切なかったよ。

気軽に試して自分の勉強方法を見つけてね。

簿記2級は難しい

 

\こちらも参考にしてね/

簿記3級のおすすめ勉強方法まとめ

簿記3級の効率的な勉強法・取り方をまとめました。

ルナ
ルナ

ポイントをおさらい。

  1. 簿記3級の難易度は高くない
  2. 簿記3級の合格率は気にしなくていい
  3. ただし簿記3級はなめたら落ちる
  4. 簿記3級は独学でも合格できる
  5. テキスト・問題集・過去問があればOK
  6. 仕訳が最重要!
  7. アウトプット重視
  8. 簿記2級以上狙うなら講座を使う

「簿記3級が気になるけど自分にできるかな」なんて迷っているなら本当に時間がもったいないです!

今は、簿記の知識がゼロでもコツコツ勉強を続ければ必ず資格取得できます。

まずは、ぜひ目標を定めて簿記の勉強を開始してみてくださいね。

\すぐに体験できます/

スタディング簿記の無料講座へ

簿記3級・2級おすすめ講座ベスト3
第1位(無料資料請求あり)クレアール
(リベ大両学長おすすめ)
第2位(無料お試し講座あり)スタディング
(私の利用コスパ最高)
第3位(無料サンプル教材あり)フォーサイト
(クオリティが高い教材