「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す4つの方法

img src=”puppy.jpg” alt=”工業簿記は難しい”簿記の学び方
SPONSORED LINK

 

ピョン
ピョン

簿記2級の工業簿記が難しいんだけど、どうしたらできるようになるのかな?

工業簿記がちんぷんかんぷんで、苦手意識しかないんだけど、得意にするにはどうしたらいいのかな?

 

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、

簿記3級を取得してから、8年もの間「工業簿記が嫌だ、工業簿記が怖い」という理由で

簿記2級を放置、挑戦できませんでした。

 

しかし、いざ勉強してみたら、工業簿記は商業簿記より簡単で、

工業簿記を得意にすることが簿記2級の合格をグッと近づけるものだとわかりました。

 

この記事を読むことでわかること
  • 簿記2級の工業簿記が難しいと感じる理由
  • 「簿記2級工業簿記が難しい」を得意にするための4つの解決方法
  • 簿記2級の工業簿記がわかるようになる厳選おすすめ問題集

 

この記事の信頼性

試験範囲改定後の2018年11月第150回日商簿記2級を受験(合格率14.7%)。

結果、96点(仕訳1問間違い)一発合格。

現在、経理職です(未経験再就職)。

ルナ
ルナ

合格の証拠がない記事が多いので貼っておきますね。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級合格”

 

 ▼私が使ったオンライン簿記講座(スマホOK)▼

 

 

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す4つの方法

 

簿記2級になると、新しく工業簿記が範囲に加わります。

私のように工業簿記に不安を感じ、なかなか簿記2級に挑戦できない方や、

工業簿記の勉強を始めたけど難しくて、ちんぷんかんぷんだという方もたくさんいると思います。

 

 

 

しかし、工業簿記に8年怯えていた私が言うのも変ですが、これだけは言わせてください。

「工業簿記は難しくないです。

今はちんぷんかんぷんでも必ず理解できるので、安心して勉強を続けてください」

 

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す4つの方法としては、

  1. インプットの時点で悩まないこと
  2. 商業簿記と工業簿記は別物と考えること
  3. まず全体像をとらえること
  4. 集中して攻略すること

この4つが重要になってきます。

 

ルナ
ルナ

後程詳しく解説します。

簿記2級の工業簿記が難しいと感じる理由

 

簿記2級の工業簿記が難しいと感じる人が多いのには以下のような理由があります。

 

  • 暗記だけでは解けないから
  • 資料から読み取る技術が必要だから
  • 全体像をつかめないために、今何をしているのかわからなくなるから

 

実際、私は、簿記2級の勉強を始めた当初、工業簿記が難し過ぎて、鬱になるのではないかというレベルでした。

しかし、ようやく理解できた時、上記の理由に気が付きました。

 

今、工業簿記が難しくてちんぷんかんぷんの真っただ中の方も、

きっと上記のような壁にぶつかっているのではないかなと。

 

簿記3級商業簿記の感覚で工業簿記の勉強を始めると、余計難しく感じます。

というのも、工業簿記は、商業簿記のように勘定科目や仕訳の暗記、法則の暗記だけでは解けないのです。

 

工業簿記は何かを記憶して覚えるという感覚(もちろん覚えることがゼロではないですが)より、

全体像の流れをつかむ、目で慣れ、手で慣れ、資料から読み取ることに慣れるという感覚です。

 

例えば、昔、数学で習った「解の公式による二次方程式の解き方」。

(studyplusより)

テキストに書いてあるこの公式を記憶しただけでいきなり二次方程式を解くことができますか?

問題文からどの数字を選んで使うのか読み取れないですよね。

 

工業簿記も同様です。

商業簿記の仕訳を暗記する感覚で内容を暗記しても、

問題を解くための順序立てもわからず、これが何につながるのかもわからないのです。

 

暗記してすぐに解けないので、できたという感覚もつかめず、挫折する確率も上がるんだと思います。

 

工業簿記は、アウトプットを積まないとなかなか解けるようにならないのです。

要は工業簿記で一番大事なのは、問題を解く経験・慣れです。

 

 

ちなみに私は、学生当時、数学は常に赤点だった完全な文系ですが、

最終的に工業簿記は満点が取れるようになっています。

 

ですので、自分は数学が苦手だとか、文系だからとか、全く気にしなくても大丈夫です。

 

理系であっても、文系であっても、慣れていなけれは工業簿記で点数は取れません。

 

たまに工業簿記は理系の人の方が得意など聞きますが、

数字や言葉にアレルギーがあるかどうかってだけで、勉強を始めてしまえば大差ないです。

 

また、工業簿記の勉強を始めた当初は、全体像をつかめないために、

今どこにいるのか何をしようとしているのかがわからなくなる現象に陥ります。

これも、工業簿記が難しいと感じる大きな理由になります。

 

簿記2級の工業簿記が難しいから得意にするための4つの具体的方法

 

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す4つの方法を一つ一つ解説します。

  1. インプットの時点で悩まないこと
  2. 商業簿記と工業簿記は別物と考えること
  3. 全体像をとらえること
  4. 集中して攻略すること

 

インプットの時点で悩まないこと

「インプットの時点」ここで悩むのは時間のロスです。

ここで全部理解できる人はまれです。

工業簿記テキストのインプット時点で、全部完璧にしようなんて考える必要も、わからないからといって悩む必要もありません。

 

私自身、インプット当初は、単元ごと理解しようと時間をかけていましたが、

結局アウトプットをやりながらの方が理解がどんどん進みました。

 

テキストの解説を読む、言葉で覚えるより、

実際問題を解き、図を使い、製品ができるまでを頭できちんとイメージした方が断然理解が早いです。

 

商業簿記がインプット3:アウトプット7だったら、

工業簿記はインプット1:アウトプット9ぐらいでもいいかもしれません。

 

また、テキストの文章を追って悩むぐらいなら、知っている人に教えてもらう、または解説講義(動画)をザっと見てしまう方が、案外短時間で理解でき、目から鱗のことも多いですよ!

 

テキスト上で意味がわからず悩んでいたことも、

オンライン講座を見たらサラッと理解できたことが多々ありました。

テキストではゴチャゴチャわかりにくく解説されている内容も、

人から聞けば、「あれ?なんだ大したことないじゃん!」と感じると思いますよ。

 

公式>オンライン簿記講座スタディング

商業簿記と工業簿記は別物と考えること

「商業簿記と工業簿記、どちらも簿記とつくから共通点があるはず。今まで勉強した商業簿記とどう違うのだろう?」

こんな風に考えながら工業簿記の勉強を始めると混乱します。

 

もちろん、どちらも簿記なのには変わりないのですが、

工業簿記の勉強を始めたら商業簿記は切り離して、完全に別物ととらえて勉強した方がいいです。

 

私自身、工業簿記の勉強を始めた当初、

なぜか頭の中で商業簿記に結び付けて理解しようとしているところがあったのですが、

まるっきり違う教科だと思うようにしてから、一気に理解が進みました。

 

 

「理科」は「理科」でも、「生物」と「化学」で学ぶ内容は全く違うみたいなイメージです。

これから初めて化学を学ぶのに、以前勉強した生物に結び付けて理解しようとしても無理がありますよね?

そんな感じです。

簿記2級の工業簿記は「新しい教科を勉強する」という意識で勉強を始めたらスムーズに進みますよ。

ピョン
ピョン

いっその事、「工業簿記」って名前をまるっきし別の科目名に変えてほしい。

全体像をとらえること

工業簿記ははじめに全体像をとらえることが大切です。

 

例えば、テキストを開いて、

  1. ジャガイモの処理方法
  2. ニンジンの切り方
  3. 玉ねぎの切り方
  4. 肉の処理方法と準備・・・

なんて項目が書いてあったとします。

 

はじめから項目一つ一つ理解していくより、

これがどうつながっていくのか、全体の流れ、最終的にどうなるのか(カレーになる)を

ある程度理解した上で、要素要素を学んだ方がイメージしやすいですよね?

 

ピョン
ピョン

最終的にカレーになるっていう流れを知ってからの方が一つ一つ理解しやすい。

 

 

工業簿記全体(大きな枠組)を知った上で、

「今、どこを勉強しているのか?」という視点を持ち、勉強することが、工業簿記克服につながりますよ。

 

ピョン
ピョン

じゃあ、工業簿記全体をとらえるにはどうしたらいいの?

ルナ
ルナ

コツを説明するよ。

集中して攻略すること(一気に慣れてしまうこと)

工業簿記を克服するためには、全体像(大きな枠組)を早めにとらえることが大事ですが、

全体像が見える前に挫折してしまう、理解するのを諦めてしまう方も多いのです。

 

ルナ
ルナ

しかし、工業簿記は最初の取っ付き辛さえ克服すれば、その後は楽になる科目なんです。

そのために、2,3週間でもいいので、工業簿記に集中する期間を作ってください。

商業簿記のことなんて忘れていいです。

 

出来れば、一気に読み進めて(講義を見て)一気にテキスト一周させちゃう勢いでやってみてほしいのです。

テキスト一単元を読んでまた明日、とか、一単元やって明日は商業簿記をやろうなんてやっているといつまで経っても理解できないです。

ずっとモヤモヤモヤモヤします。

 

この集中期間は辛いかもしれませんが、一気に視界が開くので今後が凄く楽になります。

ルナ
ルナ

むしろ工業簿記の勉強がしたくなるくらい楽になるよ。

 

そして、短い期間に一気に集中して勉強することで、あることに気が付きます。

「工業簿記は、商業簿記より範囲が狭くて割と初期的な内容では?」と。

 

慣れない用語、慣れない図、慣れない言い回しが難しく感じていたってだけで、

工業簿記は実は初期的な内容なのです。

ルナ
ルナ

8年間も工業簿記におびえていた私がそう思うのでこれは断言できます。

簿記2級に関しては、商業簿記の方が範囲も広く、本試験の難易度も高いです。

変わり種の問題、ちょっとひねった問題が出題されるのも商業簿記。

その反面、工業簿記はわりとシンプルな問題が出題されるので点数を取りやすいのです。

 

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出せるおすすめ問題集

どうしても簿記2級の工業簿記が難しくて点が取れないという方におすすめできる本はこの本。

 

 

パブロフの総仕上げ問題集。

試験レベルの問題がパターン別にそろっています。

 

解説もわかりやすいです。

もし、何から手を付けていいのかわからないようでしたら、この1冊を極めるでもいいかと。

この本を解きつつ、解説を読んでもわからなければテキストに戻るとい方法でもいいかもしれません。

 

ルナ
ルナ

もちろん、一回では解けるようにならないので最低でも3回ぐらいは繰り返してね。

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す4つの方法のまとめ

 

「簿記2級の工業簿記が難しい」から抜け出す方法はこの4つ。

  1. インプットの時点で悩まないこと
  2. 商業簿記と工業簿記は別物と考えること
  3. まず全体像をとらえること
  4. 集中して攻略すること

工業簿記は、特に『習うより慣れろ』だと感じます。

とりあえず工業簿記は解いて、やり方を覚えていく。

何度もやっているうちに後から理屈がわかることがすごく多いです。

 

どの資格の勉強もそうだと思いますが、わからなくても次に進んで全体像がみえるまで我慢が必要です。

 

しかし、工業簿記は全体像が見えてきたとたん、必ず目の前の霧がパ~っと晴れるので安心して勉強を続けてほしいなと思います。