簿記2級に受からないのはなぜ?落ちた人がよくやっている勉強法

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級に受からない”簿記の続け方
SPONSORED LINK

 

ピョン
ピョン

いっぱい勉強しているのに、簿記2級に受からない。何度も簿記2級に挑戦しているけどまた落ちてしまった。どうしたらいいの?

このような疑問に答えます。

 

ここ最近の日商簿記2級の合格率はかなり低いです。

となると、大半の方が受からない、落ちているというわけです。

昔の試験とは違い、シンプルな問題がほとんど出題されず、ちょっとひねった問題や難しい問題が多く出されるようになった簿記2級。

実際、私の周りにも簿記2級を受験して落ち続けている人が何人もいます。

そういう人の勉強方法を見ていると、ちょっと努力の方向性が間違えている(勉強法が間違えている)と感じることが多くありました。

ここでは、簿記2級に受からない、簿記2級に落ちてしまう人がやりがちな間違った勉強法を解説します。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

市販のテキストと簿記オンライン講座を利用した勉強方法で96点(仕訳1問間違えた)一発合格しています。

今の簿記2級は、昔の簿記2級とは試験範囲も難易度もまるっきし違います。

割と最近の簿記2級試験合格者なので信頼性は保証できるかなと。

簿記の資格を持っていると言っても、証拠となる「簿記検定合格証」を貼っているサイトも少ないので貼っておきますね。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級合格”

✅本記事の内容

  • 簿記2級に受からないのはなぜなのか
  • 簿記2級に受からない人がやっている勉強方法
  • 簿記2級に受かるために改善すること

それでは、いってみましょう。

 

簿記2級に受からないのはなぜなのか




ルナ
ルナ

簿記2級に受からないの大きな原因はこの3つかと。

  • そもそも簿記2級の勉強を網羅できていない(勉強時間が足りない)
  • モチベーションが続かずダラダラ勉強した
  • 勉強方法が間違えている

簿記2級の範囲を網羅できていないのは問題外。ヤマを張るでは簿記2級は受かりません。

ルナ
ルナ

これに関しては、しっかり勉強時間の確保をするしかないですね。

簿記2級はコツコツ積み上げが大事ですが、途中モチベーションが下がることも多いです。

何か月もモチベーションを保ち続けるのは大変ですが、ダラダラ勉強を続けても理解が深まるとは思えません。

勉強環境を変えたり、動画で勉強をしてみたり、SNSで簿記2級受験仲間を見つけてみたり、工夫をして気持ちを奮い立たせることも必要かな。

勉強方法が間違えている点については、次に具体的に解説します。

 

簿記2級に受からない人がやっている勉強方法

簿記2級に受からない、簿記2級に落ちてしまった方がやりがちな間違えた勉強方法は次の通りです。

  1. ノートまとめをしている、ノートまとめに時間をかけすぎ。
  2. 基礎問題を間違えたまま、理解せず放置。
  3. 過去問さえやればいいと思っている。
  4. 基本的な仕訳をおろそかにする。
  5. 必ず覚えるべき図を覚えていない(クリアに書けない)

 

ノートまとめをしている又は、ノートまとめに時間をかけすぎ

ルナ
ルナ

簿記2級のテキストを開いて、テキストと同じ内容を1から100まできれいにまとめていませんか?

会社の同僚は、2ヶ月かけてノートをまとめて、まとめ終わったころには80%以上忘れているか覚えていない状態。

また、別の友人は、一生懸命1ヶ月かけて商業簿記のノートまとめをしていたのですが、テキスト半分まできたところで大変すぎて、ギブアップ。

小学校のころ、先生に『しっかりノートをまとめなさい』と言われた勉強方法が身についているのでしょう。

簿記に関しては、インプットで大枠をつかむ➡アウトプットで理解が深まり、脳に定着。という勉強方法がおすすめ。

インプットのためのノートまとめに何か月も時間を割いた上、覚えていない&解答力もついていないでは、時間も労力も無駄です。

ルナ
ルナ

ノートまとめは自己満足でしかないかと。それで当日解答用紙に答えを書き入れることはできますか?

ノートまとめをするのではなく、テキストに『自分の解釈を自分の言葉で書き入れる』方法がいいですよ。

 

 

ピョン
ピョン

それでも、ノートが好きなんだよ、ノートを使いたいんだよ・・・

ルナ
ルナ

どうしてもノートを使いたいなら、使うのは勉強後半かな。

「まとめノート」ではなく、「間違いノート」「何度やっても覚えられないノート」として使うのはすごく効果的ですよ。

 

基礎問題を間違えたまま、理解せず放置している

テキストを一通り終えたら基礎問題を解きますが、その時に間違えたリ、覚えていなかったりした問題を放置していませんか?

ピョン
ピョン

答えを見てふ~ん・・・で終わってる。

簿記2級の勉強の挫折ポイントとしてあげられるのが、基礎問題が全部解けたとしても、本試験レベルに全く太刀打ちできない点。

私も当時、基礎問題はバッチリなのに、本試験レベルの問題になったとたん、全く手が動かなくなりました。

簿記2級は、基礎レベルと、本試験レベルがちょっと乖離しているのが特徴。

なので、基礎レベルが不安定な状態だと、もちろん本試験レベルは解けないし、自信を無くし、挫折する原因にもなります。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級に受からない”

 

ルナ
ルナ

でも、みんな通る道。はじめはみんな解けない。

でも基礎さえしっかりしていれば、あとはアウトプット量でカバーできます。

 

 

基礎レベルから、本試験レベルとの差を埋めるための問題集も出てきています。

 

 

過去問さえやればいいと思っている

とにかく過去問さえやればいいと思っている人も多いのでは。

確かに昔、日商簿記2級を受けた方ならそれでも良かったかもしれません。

 

ピョン
ピョン

昔簿記2級を取った人が「簿記2級なんてテキストと過去問があれば合格できるって」って言ってきたよ。

ルナ
ルナ

今のレベルを理解できていないので、無視でOK!

 

今は、簿記専門学校の先生でさえ、「教える方の意識も変えなくてはならない」と言っているほどですよ。

過去問だけで合格できるなんて甘いです。

簿記2級の範囲も改定され、まるっきし違う試験になっているので、過去問だけでは圧倒的に新しい部分に対する対策が足りません。

昔よく出たような問題にも、新しい項目を絡めてきたり、とにかく複雑になっています。

ルナ
ルナ

過去問は問題の雰囲気に慣れるためのものと思った方がいいよ。

私が使った本試験レベル問題はこちら。

網羅型は確かに難しかったけど、これが理解できれば合格間違いなしと自信を持って言えます。

 

 

基本的な仕訳をおろそかにする

基本的な仕訳は、100%できるレベルになっておきましょう。

ルナ
ルナ

簿記は仕訳に始まり、仕訳に終わる!

簿記2級の第一問は、仕訳ですが、一問の配点が4点と大きいです。

仕訳一つ完璧にできていれば、簡単に4点ゲットだし、仕訳をいい加減に理解していれば、4点、8点、12点・・・と第一問の時点でボロボロと点を落とすことになります。

仕訳を完璧にできるようにしておくことが、点を稼ぎやすくします。

徹底的に、本試験レベルの仕訳を毎日10問などノルマを決めて解きまくってください。

仕訳をなあなあにして放置してはいけません。

ルナ
ルナ

私は、ノルマを決めて毎日解いたよ。

 

必ず覚えるべき図を覚えていない(クリアに書けない)

ルナ
ルナ

工業簿記のボックス図、勘定連絡図、シュラッター図などポイントになる図を正確にきれいに書けますか?

工業簿記は、問題を読んだ次の瞬間にこの問題を解くために必要な図が頭に浮かんで書き出すレベルになると、すごく楽になりますよ。

簿記2級になかなか受からない同僚は、常に違う図を書いて解こうとしていたので、頭が混乱しているのかと。

この問題が来たら、この図を書くといったマニュアルを自分なりに整理しておくといいですよ。

しかも、ゴチャゴチャと図に書き入れすぎている場合もあるので、なるべく省略して、ケアレスミスしにくい図の書き方を自分なりに構築するのがおすすめ。

 

簿記2級に受かるために改善すること

誰だって、簿記2級やるなら受かりたい、合格したい。

何回も落ちてしまっている人は必ず次回合格するぞ~と思って勉強していると思います。

しかし、今までの勉強方法自体が間違っていた場合、同じことを繰り返してもだめです。

ルナ
ルナ

勉強方法の見直し、改善が必要ですね。

今やっていることは、点数に結びつくことか?

本番までに本試験レベルが解ける実力がつくだろうか?

押さえるべきポイントがあいまいになっていないか?

わからないまま放置していないか?

一度立ち止まって自分の勉強方法をぜひ見なおしてみてください。

ルナ
ルナ

次は、絶対合格してくださいね!