簿記2級は難しいと感じる人へ今だから言える5つのアドバイス

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級難しい”簿記の学び方
ピョン
ピョン

簿記2級が難しくて、どう勉強していいのかわからなくなってしまったよ。簿記2級ってこんなに難しかったの?難しくて勉強していても合格する気がしない。希望が見えないよ・・・何かアドバイスが欲しいよ。

こういったテーマで解説します。

 

本記事のテーマ

簿記2級が難しいと感じている方に、合格した今だから言える5つのアドバイス。

簿記2級の勉強が不安だった頃の自分に伝えたいアドバイス。

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格できました。

改定後の150回簿記検定の合格者なので割と情報の信頼性はあるかなと。

簿記2級取得後は、現在は経理事務の仕事に再就職して働いています。

ルナ
ルナ

簿記2級の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級合格”

 

 ▼私が使ったオンライン簿記講座(スマホOK)▼

簿記2級は難しいと感じる人へ今だから言える5つのアドバイス

このアドバイスは、簿記2級が難しくて合格できるか不安でしょうがなかった当時の私に向けてのアドバイスでもあります。

合格した今だから言えることで、当時は気持ちも葛藤、いろいろ悩みながら勉強していました。

 

簿記のテキストはしぼって、最後までそのテキストを信じること

以前こんなツイートをしました。

 

ルナ
ルナ

Twitterのダイレクトメールにも数人の方から、テキストに関する質問をいただいていました。

 

簿記のテキスト、問題集、過去問などに関しては、

使用する本はしぼること、そして自分が選んだ本を最後まで信じて勉強すること。

 

当然、簿記の勉強をはじめたばかりの時点では、ほとんど何を言っているのかわからないかと。

そして勉強しているうちに不安を覚え、こう思えてくるのです。

「このテキストわかりにくい」

「このテキストじゃ、ずっと理解できないかも」

他にもっとわかりやすいテキストがあるのではないかと目移りしそうになるのです。

 

ルナ
ルナ

でも、今なら当時の私にこう言います。

 

  • 簿記が難しいと感じているのはテキストのせいではない、今、勉強が足りていないだけ
  • 今、簿記が難しいと感じているのは自分だけではないから、自信を失う必要はない。
  • インプットの時点で完璧に覚える必要なし
  • インプットの時点で覚えてなくてもアウトプット量が合格の鍵になる。

 

もし、簿記を3人の講師から習ったとしたらどうでしょうか?

講師によって説明順序も説明方法も異なるんです。

簿記の内容だけでも範囲が広く難しいのに、混乱しますよね?

何冊もテキストがあるとう状況は、これと同じ状況なのです。

 

電卓は正確に早く打てれば、打つ手はどちらでもいい

電卓は、正確に早く打つことが出来れば、右手でも左手でも気にする必要はありません。

 

しかしながら、簿記を始めると

簿記をやるんだから、左手で電卓を打って右手でペンを持つ方いい。

左手で打つ練習をしなきゃ・・・といった声がなぜか周りからチラホラ聞こえるのです。

 

両利きだったり、器用な方だったり、左手打ちに慣れている方なら全く問題ありません。

 

しかし、簿記をはじめたことで突然左手打ちにこだわり始めてしまう方がいるのです。

左手打ちの練習をしながら簿記2級を勉強したことで、勉強も間に合わず、本試験も全部目を通すことが出来ず不合格になってしまうという残念な結果になってしまうことに(実話です)。

 

ルナ
ルナ

アドバイスはこちらです。

  • 電卓を慣れない手で打つ時間があるなら、一問でも多く問題を解く時間に充てる
  • 左手打ちに慣れないなら正確に打てる手で打てばいい。
  • ペンを持ち替えるのに時間がかかるというなら、もっと早く解けるようにアウトプットに力を入れよう。

 

この勉強の目的は、簿記を理解すること、簿記2級に合格すること、将来に役に立つ知識を得ること。

決して電卓を左手で打てるようになることではありません。

 

簿記のまとめノートはいらない

簿記2級に関しては、テキストから重要な部分を抜き取ってまとめノートを作る必要はありません。

テキストに必要なことが全て書かれているので、もう一冊同じ内容の物は必要ないですし、まとめる時間があるなら、アウトプットに時間をかける方が合格への近道です。

 

結局、まとめノート作りでテキストの知識だけ頭に入れても、その知識の使い方や日商簿記2級独自の問題の解き方をアウトプットで学ばない限り、簿記2級の合格は難しいかなと。

ルナ
ルナ

アドバイスはこちら

  • 簿記2級のまとめノートはいらない。
  • インプットはテキストに書き入れる、線を引く程度でよい。
  • まとめる時間があるなら、どんどんアウトプットで問題を解く。
  • 勉強後半に、自分の苦手部分や間違えた部分をまとめるノートはあり!

 

小・中学校のころにも、先生の書いた板書を綺麗にノートにまとめていたかと。

しかし、ノートまとめは勉強ではなくただの作業。

作業ばかりに時間をとらないこと。

知識を理解して、自分の中に落とし込み、自由に使えるようになってこそ(問題がどんどん解けるようになってこそ)勉強したと言えるのです。

 

工業簿記は難しくないから大丈夫

2010年に簿記3級に合格してから、8年間も簿記2級に挑戦できなかった理由でもある「工業簿記」。

プロフィール参照)

簿記2級の勉強をはじめたばかりのころは、工業簿記への苦手意識、未知の怖さ、そしてテキストを読んでも全然意味が分からないという状態。

でも、試験日一か月前までには、ほぼ満点が取れる状態になり、本試験でも工業簿記に助けてもらいました。

 

ルナ
ルナ

今、工業簿記が難しいと思っている方へのアドバイスはこちら

  • 今、工業簿記がわからなくても勉強を続けていれば、必ず急に理解できる時がやってくるから心配しなくても大丈夫!
  • 工業簿記はテキストを読んでいるだけではほとんどわからない。理解できるようになるのはアウトプット後しばらく経ってから。時差がある。
  • 工業簿記(問4・問5)は商業簿記より断然点数が取りやすい。
  • 商業簿記に比べて、工業簿記は問題パターンも少なく、難易度は高くない。
  • 商業簿記に比べて、工業簿記で満点を取るのは難しくない。

 

実は私も、簿記2級の勉強を始めたころ、知り合いの税理士さんから、上記と同じようなアドバイスをもらったのですが・・・

「そんなわけないじゃん!こんなわけがわからない工業簿記で満点?なに言ってるのだろう。税理士さんは頭がいいからでしょ!」

と思っていましたから。

 

でも、合格した今だから言えますが、上記のアドバイスは本当でした。

だから、今、工業簿記が難しくてわからない、スランプ中という方には、引き続きコツコツ勉強を続けてもらいたいなと。

ルナ
ルナ

とにかくやれば点数につながりやすいのが工業簿記!

 

工業簿記を早く得意にする方法は、「工業簿記だけの集中勉強期間を作ること」

商業簿記存在は忘れて、工業簿記を徹底的にやるといいですよ。

ルナ
ルナ

勉強方法についてはこちらの記事も参照してみてね。

 

ちなみに、工業簿記集中期間におすすめの問題集はこちら。

テキストがヘナヘナになるまで繰り返し解きました。

 

 

勉強できることに感謝して楽しむこと

簿記2級難しくて、もう勉強するのが嫌になってきた・・・

こんな時ももちろんあると思いますが、簿記2級を勉強できることに感謝して、ゲーム感覚で楽しんじゃってください。

私自身、簿記2級の勉強するに当たって、4ヶ月近く、ご飯は手抜き、掃除は手抜き、頭は簿記のことばかり考えていた生活をしていましたが、これも家族が協力してくれたからできたこと。

勉強できることはありがたいことですし、せっかくやるなら楽しんで勉強してください。

 

Twitterなどで見る他の人の勉強進捗だったり、点数だったり、自分よりどんどん先に進んでいる人と比べる必要はありませんよ。

簿記の試験の最後の1分まで合格結果なんてわかりませんから。

簿記2級は難しい?5つのアドバイスのまとめ

ルナ
ルナ

合格した今だから言える5つのアドバイス。

  1. 簿記のテキストはしぼって、最後までそのテキストを信じること→あれこれ手を出さない
  2. 電卓は正確に早く打てれば、打つ手はどちらでもいい→電卓の打ち方が目的ではない
  3. 簿記のまとめノートはいらない→ノートまとめに時間をかければ合格できるような試験ではない
  4. 工業簿記は難しくないから大丈夫→工業簿記集中勉強期間を作れば満点が狙える可能性大!
  5. 勉強できることに感謝して楽しむこと→勉強できることはありがたいこと、他人との比較不要

 

今、まさに簿記の勉強真っ最中で、簿記が難しく感じている方に届くかわかりませんが、これが、不安でしょうがなかったころの自分に伝えたいことです。