次回から「ルナの簿記2級ナビ」でご検索ください。

簿記の仕訳が覚えられないときのアドバイス!【簿記一発合格者が教える】

簿記の仕訳が覚えられない簿記の学び方
ピョン
ピョン

簿記の仕訳が覚えられない!

勘定科目の暗記もできない・・・どうしたらいい?

こんな疑問に私自身の経験を踏まえ、お答えします。

仕訳を制するものが簿記を制するとは聞くものの、たくさんの勘定科目や仕訳を覚えるのって苦労しますよね。

仕訳や勘定科目が頭に入っていないと、簿記検定合格はなかなか難しいですし、やはり仕訳を制することが合格への近道なのは本当です。

 

という私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格。

その後、未経験経理事務に再就職しました。

ルナ
ルナ

簿記の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

ネットスクール簿記講座の評判

私は簿記3級受験のときから、割と仕訳や勘定科目を覚えるのは得意な方でした。

簿記2級の勉強に入ってからは、勘定科目や仕訳が増え、多少苦労したものの、それでもスムーズに覚えることができていました。

「どうしたら仕訳を覚えることができるのか」

私なりのアドバイスをまとめます。

 

 

簿記の仕訳が覚えられないときのアドバイス!【簿記一発合格者が教える】

簿記の仕訳が覚えられない




仕訳が覚えられないときのアドバイスは、下記のとおり。

  • 5分類のどれに属するか反射的にわかるレベルになる
  • 覚えにくい仕訳や勘定科目は工夫して覚えること↓
  1. 毎日仕訳をする(最低5問)
  2. 人に説明する
  3. 耳から覚える
  4. 寝る前にテキストの基本仕訳をさらっと見る

順番に解説します。

 

5分類のどれに属するか反射的にわかるレベルになる

ピョン
ピョン

5分類のうちどれに属するかとは??

簿記の5つの分類といえば、以下の5つ。

・資産
・負債
・純資産
・費用
・収益

勘定科目は基本的に5つのうちのどれかに当てはまります。

 

仕訳が得意な人は、勘定科目を見た瞬間、反射的に5分類のどれに属する勘定科目なのか頭に浮かびます。

その反面、仕訳が覚えられない方、仕訳が苦手な方は、勘定科目を見たあと、次にどこに分類されるのかを考える時間と労力がかかります。

 

「売上割引」⇒「うんと・・・収益?費用?どっちだっけ?」⇒「費用だよね」とこんなふうに。

しかし、仕訳が得意な人は、「売上割引(費用)」と一つの塊として頭に浮かびます。

 

 

ルナ
ルナ

仕訳を覚えるには、勘定科目一つ一つ思考しなくても、条件反射的に分類が判断できるぐらいになるのが理想。

 

5分類のどれに属するか反射的にわかるレベルになるには?

勘定科目を5つの分類に分けて覚えることは、「クローゼットに洋服を片付けるときのイメージ」に似ています。

下着や靴下、Tシャツ、長袖、羽織物などのいろんなタイプの洋服がありますが、似ている性質のもの同士、同じ引き出しに入れますよね。

どの引き出しに何が入っているか中身を確認しなくても、どんどん次々洋服を整理して片付けていく感じ。

 

ルナ
ルナ

勘定科目を貸借対照表・損益計算書の5つの引き出しに片付け・整理をするイメージ!

 

個人的におすすめできる方法は、

A4の紙に「貸借対照表」「損益計算書」を書き、テキスト・問題集で勘定科目が出て来るたびに書き込んでいく方法。

書き込んだA4の紙は常に持ち歩いてスキマ時間に確認します。

トイレなどの壁に貼っても良し。

慣れてくると、書き込まなくても自然と覚えることができますが、仕訳ができない、仕訳が覚えられないと悩んでいる方は一度やってみてください。

どの勘定科目が、どの引き出し(5つのの分類)に入っているのか、一目瞭然なので、頭の中がスッキリ整理されますよ。

それによって、仕訳もスムーズに覚えられるというわけです。

 

覚えにくい仕訳や勘定科目は工夫して覚えること

簿記の勉強を始めると、簡単に覚えられる仕訳と、毎回悩んだり間違えたりする仕訳が出てきますよね。

 

ピョン
ピョン

そうそう、毎回悩むところは同じところ。

でも大丈夫です。

覚えにくい勘定科目・仕訳はみんな覚えられないところです。

とはいえ、無視できないので、なんとしてでも工夫して頭に入れましょう。

覚えにくい勘定科目や仕訳を覚えるには?

覚えにくい勘定科目や仕訳を覚えるためには、

  1. 毎日仕訳をする(最低5問)
  2. 人に説明する
  3. 耳から覚える
  4. 寝る前にテキストの基本仕訳をさらっと見る(毎日)

この4つを意識するといいですよ。

ルナ
ルナ

実際私がやってきたことだよ。

毎日仕訳をする(最低5問)

毎日、必ず仕訳問題を解くようにしましょう。

残念ながら、突然仕訳ができるようになるなんていう魔法みたいなことはないわけなので、コツコツ必ず毎日仕訳を解くようにします。

 

簿記の勉強開始当初は、基本的な仕訳問題を、一通り回してからは過去問(または実践問題)の第一問を解きます。

ルナ
ルナ

私のおすすめは簿記検定第一問と同じ5問は最低でも毎日解くこと!

座って勉強できないスキマ時間、外出している時、通勤中の時間等でも、頭の中で仕訳をするようにしてみてください。

ルナ
ルナ

紙に書かなくても、頭の中で借方〇〇貸方〇〇と浮かぶレベルを目指そう!

 

人に説明する

簿記2級になってくると、なんとなく書いたら合っていたというレベルの理解でいると、当日難易度が高い問題が出てきた場合対応できないことがあります。

 

 

自分がきちんと理解しているかどうかは、「人に説明できるかどうか」でわかります。

実際にだれかに聞いてもらう必要はありません。

人がいるという前提で壁に向かってブツブツ独り言のように、仕訳の方法を解説してみてください。

実際声に出して勘定科目を言うことで、記憶にも残りやすくなります。

ルナ
ルナ

人に説明してみると、自分の理解が弱い部分があからさまにわかりますよ。

 

耳から覚える

簿記2級になってくると、勘定科目も増え、更に長くて覚えにくい勘定科目の多くなってきます。

紙に書き、声に出して言ってみるの他に、耳から覚えるのも有効です。

簿記2級の勘定科目は、

「その他有価証券評価差額金」

「繰延税金資産」

「法人税等調整額」

「非支配株主に帰属する当期純損益」

「非支配株主持分当期変動額」など・・・長くて覚えにくいですよね。

 

 

オンライン簿記講座や資格スクールに通っている場合、講義を聞くため自然と耳から入ってくる情報も多く、勘定科目も自然と覚えられている場合があります。

 

実際、私はお風呂に入りながらや、家事をしながらずっとスタディング を流していたので、自然と勘定科目が頭になんとなく入ってくるような感じで、勘定科目や仕訳を覚えるのが辛いという感覚はそれほどありませんでした。

\無料講座体験あり!/

 

しかし、完全独学になると、テキスト、問題集の活字をジーッと見て書くだけの場合が多く、どうしても覚えるまでに時間がかかります。

なかなか勘定科目や仕訳が覚えられないという方は、耳から覚えるという手段を使ってみるのもおすすめです。

 

 

 

寝る前にテキストの基本仕訳をさらっと見る(毎日)

これも必ず、毎日やっていたことです。

布団の上で、テキストに載っている基本仕訳を全部15分程度の時間で一気に見るようにしていました。

ひとつずつ、じっくり考えたりせず、流し見です。

寝る前に記憶することで、睡眠中に記憶定着することはよく知られています。

 

私は、全体をさらっと見るようにしていましたが、自分の苦手な仕訳や勘定科目だけでも寝る直前に見るようにしてみてください。

ルナ
ルナ

記憶に定着しやすくなりますよ。

簿記の仕訳が覚えられないときのアドバイスのまとめ

ということで、仕訳が覚えられないときのアドバイスは、下記のとおりです。

  • 5分類のどれに属するか反射的にわかるレベルになる
  • 覚えにくい仕訳や勘定科目は工夫して覚えること↓
  1. 毎日仕訳をする(最低5問)
  2. 人に説明する
  3. 耳から覚える
  4. 寝る前にテキストの基本仕訳をさらっと見る

仕訳を制する人が簿記を制する!これは本当です。

仕訳がスムーズになればなるほど、2時間の簿記検定も2時間かからず、正確に早く解くことができるようになりました。

いきなり仕訳ができるようになることは無いですが、コツコツ毎日仕訳をすることで必ず仕訳が覚えられます!

勉強に活かせそうなところは、ぜひやってみてくださいね。

\簿記3級2級セットコースも20,000円以下です/

 

簿記3級・2級おすすめ講座ベスト3
👑第1位(講義DVD体験あり)TAC独学道場
(独学にプラス)
👑第2位(資料請求可)クレアール
(SNS上でも人気の講座)
👑第3位(無料お試し講座あり))スタディング
(私も利用したコスパ最高な講座)