次回から「ルナの簿記2級ナビ」でご検索ください。

「簿記嫌い!」という人が勘違いしている5つのこと!

簿記嫌い簿記の学び方
ピョン
ピョン

簿記嫌い!
簿記苦手意識しかない。

勉強すればするほど簿記嫌いになっちゃうよ。

こんな方に向けての記事です。

 

ツイッター(@runaboki)をやっているとたまに目にする「簿記嫌い」という意見。

「簿記嫌い」「簿記苦手」という方は、簿記に対して勘違い&誤解しているだけで、ちょっとした意識を変えるだけで好きになると思っています。

記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格。

その後、未経験経理事務に再就職しました。

ルナ
ルナ

簿記の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

ネットスクール簿記講座の評判

「簿記嫌い」という方にむけて、勘違いしているポイントをまとめていきます。



「簿記嫌い!」という人が勘違いしている5つのこと!

簿記嫌い




数学が苦手だから簿記嫌い!

数学が苦手だから簿記嫌い!という方が多いですが、これは全くの勘違いです。

確かに、簿記で扱っているのは数字です。

とはいえ、簿記に数学レベルの計算はなく、基本的に足し算、引き算ができればOK

しかも、電卓も使えるわけです。

 

数学が得意、苦手というより、簿記に必要なのは「日本語を正しく読む読解力」

あとは、「簿記の仕組み・ルールを覚える」ということが大事です。

ルナ
ルナ

むしろ、数学というより、法律を覚えるイメージのほうが強いかも。

ですので、数学が苦手だから簿記嫌いというのは、簿記のイメージだけからくる勘違い。

ここで、「簿記嫌い」という判断をするのはもったいないことです。

 

 

簿記は難しいから簿記嫌い!

テキストを読んで、基本問題をちょこっと解いただけで、簿記は難しいから嫌い!と勘違いしている方も多いです。

ルナ
ルナ

簿記は難しいと判断するのが早すぎる!

簿記に大切なのは、頭で理解するより手を動かすこと

テキストを読んで、基本問題をちょこっと解いたぐらいでは、まだまだ手の動かし不足ですよ。

ここで、簿記嫌いなんて判断するのは時期尚早!

 

簿記はある意味、「スポーツ」です。

鉄棒の逆上がりで考えてみてください。鉄棒で逆上がりができるようになる方法というテキストがあるとします。

  1. 鉄棒を両手でギュッと握る
  2. 前後に勢いを付ける
  3. 右足を上に上げると同時に腕を曲げる・・・

こんなテキストを机上で一生懸命読み続けて、逆上がりができるようになりますか?

なりませんよね。

ルナ
ルナ

簿記も同じです。

簿記はテキストで理屈やルールを覚え、そのあとは基本的な動作をひたすら繰り返すのです。

簿記はスポーツと同じなのです。

簿記はスポーツだと思って、ひたすら同じ動作(アウトプット)を繰り返してみてください。

そうすることで、簿記は難しい⇒簿記嫌い!と思っていたのが嘘のように、簿記がわかってきた⇒簿記好きかも!に変わりますよ。

 

頭が混乱するから簿記嫌い!

簿記を勉強始めたばかりの頃は、いろいろ頭が混乱します。

 

借方?貸方?から始まり、未取立小切手?未取付小切手?未渡小切手?

三分法に分記法に売上原価対立法。

直接法に間接法。定率法に定額法、生産高比例法。

ファイナンス・リースにオペレーティング・リース・・・

混乱するポイントを書き出したらきりがありません。

 

でも、これ、混乱するのは初めだけ

一見、複雑そうに見えて混乱しますが、ある程度コツコツ勉強を積み上げて行くと、突然霧が晴れるようにわかるタイミングやってきます。

 


そのタイミングがやってくると、気持ちいいくらい解ける快感を感じられるのが簿記です。

初めは、難しい言葉や理屈に混乱しますが、ゲーム攻略のための勉強くらいに思って続けてみてください。

簿記嫌いが簿記楽しいに変わります。

 

細かい性格ではないから簿記嫌い!

細かい性格ではないから、簿記嫌い!という方にたまに出会います。

細かい性格だから、細かい数字を扱うのが得意?

大雑把だから簿記に向かない、簿記嫌い?

これも大きな勘違いです。

 

そもそも私も大雑把な性格ですが、簿記は得意です。

周りの経理ベテランの方も、割と普段は大雑把なんですよ。

 

簿記に細かい性格だからとか、大雑把な性格だからとか、性格は全く関係ありません。

 

わからなくて進まないから簿記嫌い!

簿記の勉強を始めたばかりのころは、スケジュールを立てても思うように進みません。

わからなくて、思ったように進まない・・・

理解できないから簿記嫌い・・・

こんなふうに思ってしまう気持ちもよくわかります。

 

しかし、簿記をはじめてすぐに理解できる人のほうが珍しいです。

わからなくて当たり前なのです。

「なんでこうなるの?」と手が止まり、わからないから苦痛⇒簿記嫌いとなってはもったいないことです。

インプットの時点で完璧に理解できる人はいません。

先程記述したように、簿記はスポーツなので、実際体(手)を動かしながら(アウトプット)できるようになっていくのです。

 

とはいえ、独学で勉強していてインプットから、まるっきし何を言っているのかわからないという方でしたら、やはり資格スクールを活用するもの手です。

 

 

ルナ
ルナ

資格スクール利用には、簿記嫌いになりにくいメリットがあります。

  • 噛み砕いて説明してもらえる
  • 重要ポイントがメリハリをもって教えてもらえる
  • 解法テクニックが手に入る
  • 質問ができる
  • 妥協しにくいから簿記嫌いになりにくい

簿記スクールを利用することで、

わからない⇒勉強進まない⇒簿記嫌い⇒簿記挫折という流れを阻止することができます。

「わかった」という感覚の積み上げは、簿記を好きに、得意にさせます。

わかったという感覚をたくさん感じられる簿記スクールを選ぶことも大切です。

 

私も、市販テキストではいまいち理解できないところが、併用したオンライン講座の「スタディング」を見たらあっという間にわかった!なんてことが多々ありました。

スムーズに理解できることが、簿記嫌いな状況を作りにくくすると思います。

 

\最近CMでも話題です/

 

 

「簿記嫌い!」という人が勘違いしている5つのことのまとめ

ルナ
ルナ

簿記嫌い!という人が勘違いしている5つのポイントです。

  1. 数学が苦手だから簿記嫌い⇒簿記に数学は関係ありません。
  2. 簿記は難しいから簿記嫌い⇒簿記は頭で理解するのではなく手を動かすスポーツです。
  3. 頭が混乱するから簿記嫌い⇒混乱するのは始めだけ。霧が晴れるようにわかる瞬間がくる。
  4. 細かい性格ではないから簿記嫌い⇒性格は関係ない!私は大雑把でも簿記が得意です。
  5. わからなくて進まないから簿記嫌い⇒勉強方法見直しを!簿記スクールの利用も考えよう。

 

私にとって一番役に立っている資格が簿記。


ですので、簿記嫌い!簿記に苦手意識を持ってしまっている方には、ぜひ勘違いな思い込みを捨てて簿記に挑戦してほしいなと思うのです。

そうそう、ビジネスの三種の神器って知っていますか?

英語とIT、そして会計です。

この3つがあれば、仕事に役に立つという意味ではなく、この3つがないと仕事にならないということです。

企業の中で働くであっても、個人で仕事をする上でも大切な要素です。

経理は企業経営の中枢ですし、簿記がわかると会社の状態が手に取るようにわかってすごく面白いですよ。

 

せっかく簿記にチャレンジできる環境があるのに、簿記への勘違いな思い込みで簿記嫌いなんて本当に勿体ないと思うわけです。

せっかくなら、マイナスな思い込みは捨てて、簿記はゲーム、簿記は脳トレ、簿記はスポーツのような思い込みに変えて、簿記を攻略できたときの快感を味わってほしいなと思います!!

\簿記2級でも20,000円以下で受講可能/

 

簿記3級・2級おすすめ講座ベスト3
👑第1位(講義DVD体験あり)TAC独学道場
(独学にプラス)
👑第2位(資料請求可)クレアール
(SNS上でも人気の講座)
👑第3位(無料お試し講座あり))スタディング
(私も利用したコスパ最高な講座)