次回は「ルナの簿記2級ナビ」で検索してね。

簿記を受験する年齢層は?30代、40代だからはただの言い訳だよ

 

ピョン
ピョン

簿記に興味があるけど、30代になっていまさら簿記の勉強を1からするって無理なのかな?

簿記2級の資格が欲しいけどもう年も年だし、なかなか新しいことは覚えられないよね?

簿記2級は年齢的に無理そうだし諦めた・・・本当は興味あるんだけどね。

こんな方にむけて記事を書こうと思います。

 

この記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

勉強方法は、市販の本とオンライン講座の組み合わせ。

96点(仕訳1問間違えた)一発合格しました。

簿記オンライン講座>>スタディング

 

今の簿記2級は、昔の簿記2級とは試験範囲も難易度もまるっきし違います。

割と最近の簿記2級試験合格者なので信頼性は保証できるかなと。

簿記の年齢層

 

 

簿記を受験する年齢層は?30代、40代だからはただの言い訳だよ




ルナ
ルナ

簿記2級を受験したのは30代後半だよ。

そして簿記2級合格後、新たに経理事務正社員で再就職成功!

 

ちなみに私のスペックとしては、

  • 現役時代には化学・数学はいつも赤点
  • 大学受験失敗
  • 普通高校(商業高校ではない)
  • 芸能人の名前はほとんど忘れる
  • 日常の物忘れがひどい(若年性アルツハイマーではないかと真剣に調べたことがある・・・)

簡単に書いて、こんな感じです。

 

 

私自身、簿記の勉強を始める前は、

「数字自体嫌いなのに無理でしょう・・・」

「30代でいちから簿記の勉強してなんのためになるの?」

「30代から資格の勉強なんて絶対無理だよ」こんなことばかり思っていました。

 

ルナ
ルナ

でも、今はこう思う!!

「簿記に年齢は関係ない」

「簿記は30代、40代、50代、60代、何歳でも役に立つ」

「簿記は何歳でも覚えられる」

ルナ
ルナ

何歳だから、なんて完全に言い訳だよ~

 

 

簿記を受験する年齢層は?30代、40代の割合は?

私が受験した会場には、40代以降かなと思われる人が結構いた印象。

60代くらいの方もいて、電卓ではなく、そろばんで受験していましたね。

ルナ
ルナ

商工会議所が出している最新データをいろいろ探してみたんだけど、年齢に関するデータは第116回のものしかなかった・・・

 

商工会議所が発表した第116回簿記検定試験(6月10日)の年齢層データはこちら!

受験者の年齢層を把握できている商工会議所のデータ(全体の44%)から受験者の年齢層を分析した結果になります。

 

簿記1級
-20歳:11.9% 21-30歳:48.9% 31-40歳: 27.3% 41-50歳:8.5% 51-60歳: 2.7% 61歳-:0.7%

簿記2級
-20歳:14.7% 21-30歳:48.1% 31-40歳:26.2% 41-50歳: 8.2% 51-60歳: 2.6% 61歳- :0.2%

簿記3級
-20歳:16.1% 21-30歳:49.1% 31-40歳:24.2% 41-50歳:8.3% 51-60歳: 2.0% 61歳- :0.3%

 

このデータから見ると、簿記3級は30代・40代で32%、簿記2級も34%ですね。

全体の3割は30代、40代が受験しているんです。

 

ルナ
ルナ

「自分は30代だから・・・40代だから・・・」っていうのは、ただの言い訳にしかならないよ。

 

簿記の勉強の始め方がわかるよ!

 

大半の人は「できない理由」(言い訳)を探す

ルナ
ルナ

自分にもあてはまりますが、たいていの人は「できない理由」を探します。

簿記は気になるけど・・・なんだかんだ一歩が踏み出せずに先送りしたり、このままでいいかと思ってしまったり。

「年齢も年齢だしね」「時間がないし」「お金ないし」などなど。

無理やりできない理由(言い訳)を見つけて自分自身を納得させます。

 

「現状維持バイアス」の性質のせい

 

ルナ
ルナ

「現状維持バイアス」って聞いたことある?

人は、無意識のうちに現状を維持しょうとする性質「現状維持バイアス」を持っています。

そのため、リスク(勉強は辛い、不合格になるかもなど)を避け、自分を守りたいという心理が働いています。

例えば、『簿記2級 30代』『簿記2級 40代』でググった場合、無意識にこんな検索結果を探します。

 

①30代なら簿記2級の資格より実務経験の方が重要視される➡そうだよね、30代じゃ遅いし、苦労してまで取る必要はないよね➡言い訳が見つかる➡自分を納得させる

 

②簿記2級を40代で受験している人が見つからない➡そうだよね、40代で簿記の勉強を開始するなんて遅いよね➡言い訳が見つかる➡自分を納得させる

 

とこんな感じで、「現状維持バイアス」が働いていることで、無意識に自分が言い訳に使える、自分が納得しやすい検索結果を無意識にフォーカスしているのです。

 

「現状維持バイアス」で間違った意思決定をしないこと

せっかく簿記に興味を持っているのに、「現状維持バイアス」によって間違った意思決定しないために・・・

誰でも「現状維持バイアス」という仕組みを持っていて、無意識にそれが働いているということを自覚しておくことが大切です。

そして、

「本当は簿記に興味がある」➡とりあえずやってみよう!

簿記やってみようかな、どうしようかな・・・と迷ったらやってみる。

このくらいシンプルに考えればいいと思います。

 

できる理由を考える

ルナ
ルナ

松下幸之助さんの名言!

「できない!➡どうすればできるか?に変換したらええんじゃよ」

まさにこれです。

年齢が上がれば、記憶力、体力が落ちるのは当然です。

だからできないではなく、どうしたらできるのか?

ルナ
ルナ

「できない理由」を探すのではなく、「できる理由」を探すんだよ~!

  1. 社会経験で自己管理能力が高くなっている➡継続的にコツコツ計画的に勉強できる能力が付いている
  2. 年齢を重ねたら朝早く目が覚めてしまう➡ゴールデンタイムの早朝に勉強できる
  3. 記憶力が落ちた➡自己管理能力でスケジュール管理し繰り返し勉強することでカバーできる

こんな感じで、年齢を重ねたなりのメリット、「できる理由」を探し、勉強法を見つけましょう!

 

簿記の通信講座を利用するのも手

それでも、最近、新しいことが覚えられなくて・・・自信がない。

簿記の勉強を始めたところで最後まで続けられるのかな・・・

勉強自体久しぶりで自分にできるかどうか不安。

 

このような不安があるようでしたら、簿記の通信講座(または資格学校)を利用するのも手です。

今は昔と違い、リーズナブルで高コスパな講座がいろいろ出ています。

ルナ
ルナ

一歩を踏み出しやすい環境が整っています。

はじめから最後まで1人で勉強し続けて合格レベルまで持っていくというのは、どんな勉強もなかなか大変なことです。

私自身も、オンライン講座も利用したことでなんとか挫折せずに効率よく勉強を継続!

覚えるべきこともスムーズに覚えられ、結果一発合格できたのでおすすめできますよ。

 

おすすめの簿記講座は?

ピョン
ピョン

ちなみにおすすめの簿記講座は?

上記の記事にもまとめていますが、どこの講座(スクール)を選べばいいか迷っているようでしたら

この3つはチェック、比較してみてください。

 

ルナ
ルナ

3講座とも価格・内容からみて高コスパです。

スタディング簿記講座は私が使った講座。

 

クレアール簿記講座はリベ大でもおすすめしている人気講座。

 

そしてフォーサイトはどこでも勉強できるeラーニング「ManaBun(マナブン)」が人気の講座!

カラーのテキストときれいな映像講義も好評です。

 

この3講座は、オンラインでも勉強できるため、家事や仕事、子育てと忙しい毎日を送っている方でも勉強しやすい環境が整っています。

スキマ時間も上手に利用できますよ。

ルナ
ルナ

気軽に無料で資料がもらえたり、無料体験講座もあったりするので、まずは一歩踏み出してみてくださいね。

簿記2級は難しい

 

 

簿記を受験する年齢層は?のまとめ

これから、簿記の勉強を開始しようとしている30代、40代、50代、60代以降皆さん!

年齢を理由に諦めようとしている方!

ルナ
ルナ

年齢は言い訳だよ~

誰であっても、今の自分が一番若いんです。

簿記を始めて簿記の楽しさを味わってみてほしいな~と思います。

 

簿記3級・2級おすすめ講座ベスト3
👑第1位(講義DVD体験あり)TAC独学道場
(独学にプラス)
👑第2位(資料請求可)クレアール
(SNS上でも人気の講座)
👑第3位(無料お試し講座あり))スタディング
(私も利用したコスパ最高な講座)