簿記2級のおすすめ参考書(テキスト)は?一発合格者はこれを選ぶ!

簿記の始め方
SPONSORED LINK
ルナ
ルナ

市販テキスト・参考書を使って日商簿記2級に合格したい人向けの記事です。

本屋に行くと、あらゆる出版社が簿記の参考書を出しています。

カラフルな参考書から本番の試験同様にちょっとお堅いテキストまでありますが、勉強するなら、必要な知識だけがわかりやすく書いてある参考書はないかなと思うのは当然ですよね。

 

私が簿記2級に合格したのは、ちょうど一年前の2018年。

今回簿記2級のおすすめ参考書(テキスト)を選ぶにあたって、改めて本屋に出向き、今現在売られている簿記2級の参考書を見てきました。

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、2018年11月合格率14.7%の第150回日商簿記2級を受験。

96点(仕訳1問間違い)で一発合格できました。

ルナ
ルナ

簿記2級の記事を見ていると、合格の証拠がない記事も多いため、証書を貼っておきますね。

img src=”puppy.jpg” alt=”簿記2級合格”

 

 ▼私が使ったオンライン簿記講座(スマホOK)▼

 

それでは、簿記2級一発合格者目線で選んだ私がおすすめする日商簿記2級の参考書(テキスト)を3つご紹介します。

簿記2級のおすすめ参考書(テキスト)は?一発合格者はこれを選ぶ!

勉強時間で簿記2級の参考書(テキスト)を選びましょう

 

ルナ
ルナ

次のどちらに当てはまりますか?

  • 勉強時間はたっぷりある(試験まで時間がある)➡「みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズ」
  • 勉強時間があまりとれない(試験までの時間が少ない)➡「スッキリわかる簿記シリーズ」もしくは「パブロフシリーズ」

 

本屋へ行くとたくさん簿記2級のテキスト・参考書が売られていますが、まずは自分が簿記の勉強に充てられる時間はどのくらいあるのかを基準に選んでOKです。

 

まず、簿記の勉強に充てられる時間は十分あるよという方におすすめのテキスト・参考書は、「みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズ」。

何でこうなるの?こんなことして意味あるの?というような細かい疑問にも答える参考書です。

ただし、理屈からじっくり説明されている参考書なので、全部読んで覚えるような勉強方法だとインプットの時間がかかります。

ルナ
ルナ

インプットに時間がかかりすぎて、アウトプットの時間が無くなる人もでてくるかもしれませんが。

とはいえ、疑問が解決するのでモヤモヤしない、またカラフルな参考書なので、目で見て覚えるといった面で優れているテキスト・参考書です。

 

逆に、簿記の勉強時間があまりとれない方には、「スッキリわかる簿記シリーズ」「パブロフシリーズ」がおすすめ。

参考書の活字のフォントが大きめでサラッと読み進めることができ、もちろん試験に必要な知識はもれなく網羅しています。

インプットを素早く終えることができて、アウトプットに時間をかけられます。

しかし、『テキストを読む➡実践的な問題』に移る時に、「あれ?難しくて解けない」という壁にぶち当たる可能性があります。

ルナ
ルナ

ここで挫折する人いるかも・・・。

しかし、この点は、問題を解きつつテキストに戻って確認するという方法でカバーできるのでそんなに気にしなくていいです。

 

 

ピョン
ピョン

スッキリわかる簿記シリーズとパブロフだったらどっちを選んだらいいの?

はっきり言って、内容だけで見たら、どちらを選んでもかまわないです。

大きな違いと言ったら、テキストのキャラクターが「ネコ」か「犬」かという点。

ピョン
ピョン

おいおい、大きな違いってそこかい?

私は、猫のキャラクターが好きなので、「スッキリわかる簿記シリーズ」を愛用。

(詳しく言うと、市販テキスト+簿記のオンライン講座利用で簿記2級合格!)

>>簿記のオンライン講座スタディング無料お試し

数カ月間、辛い簿記の勉強を続けていくわけなのだから、好きなキャラクターの参考書を使ってモチベーションを保っていくのは結構重要なポイント!

 

簿記2級の勉強を始める前には気が付きませんでしたが、やたら詳しく書いてある参考書がいいわけではないんですよね。

どちらかというとインプットよりアウトプットをどれだけしたかで合格するかどうかが決まります。

簿記2級の参考書選びにおいては、インプットに充てられる勉強時間、その参考書で勉強のモチベーションが保てるか、の方がよっぽど重要じゃないかと。

 

簿記2級おすすめ参考書(テキスト)

 

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

ということで、私がおすすめできる簿記2級の参考書(テキスト)は以下の3つ。

  • みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズ
  • スッキリわかる簿記シリーズ
  • パブロフシリーズ
ルナ
ルナ

それでは詳しい比較を見てみよう!

 

簿記2級のおすすめ参考書(テキスト)の比較

 

みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズ(キャラクター:女の子)

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

「みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズ」の特徴をザっと上げるとこんな感じ。

  • なんでこうなるのか?などの細かい疑問も解決できる。
  • 理屈がわかるから理解しやすい。
  • 先生の板書のような図解でわかりやすい。
  • フルカラーなので目で覚えやすい。
  • テキストの後ろに重要仕訳がまとまっているので便利。

 

ルナ
ルナ

簿記2級の参考書を色々見てみた中でも、説明が細かい参考書だね。

ピョン
ピョン

図がいっぱいあるし、カラフルだね~。

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

必要な知識は全部網羅されているので安心して簿記の勉強を進めることができます。

しかし、説明が細かいので全部覚えようとする完璧主義者だとインプットに時間がかかるかも。

重要な部分とそこまで重要ではない部分を判断しながらインプットをすすめられる人にむいているかと。

あとは、問題集が別売りなので、人によっては、やらなくてはいけない量が膨大に思えて挫折する可能性もあり?

でも、みんなが欲しかった簿記の教科書シリーズを使いこなすことができれば、合格も近づくと思います。

後ろについている重要仕訳も便利ですよ!

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

 

スッキリわかる簿記シリーズ(キャラクター:猫)

 

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

次に、「スッキリわかる簿記シリーズ」の特徴をザっと上げるとこんな感じ。

 

  • 一問一答のようにCASE(ケース)ごと説明があり、読み物のように読み進められる。
  • 優しい一般的な言葉が使われている。
  • 各章ごと重要仕訳がまとめられているので復習しやすい。
  • テキストと問題集が一冊になっているので知識が定着しやすい。
  • 短時間インプット可能!
  • 何と言っても安い!

 

 

ルナ
ルナ

字のフォントも大きめで、割とサラリと読めるよ。

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級のおすすめ参考書”

 

実際、私が昨年簿記2級の勉強に使った参考書がこのスッキリわかる簿記シリーズ。

 

みんなが欲しかった簿記の教科書と迷ったんですが、私は学生時代からカラフルなのが苦手なので、二色刷りのスッキリわかるシリーズを選びました。

やさしく書いてあるので、「意外といけるんじゃない?」とモチベーションが続いたのも良かったかと。

 

しかし、インプットを早めに終えて、アウトプットで問題を解くときにかなり難しく感じましたね。

そこは、答え見ながらでも萎えずにアウトプットを続けることでカバーは可能。

 

 

パブロフシリーズ(キャラクター:犬)

 

 

私は、このパブログシリーズの参考書は使わなかったんですが、同じパブロフシリーズの「総仕上げ問題集」を実際の勉強に使いました。

ルナ
ルナ

パブロフの総仕上げ問題集のおかげで、苦手だった工業簿記も得意になったので感謝しているシリーズなんだ!

「パブロフ簿記シリーズ」の特徴はこんな感じ。

  • ケースごと四コマ漫画があり、取引の概要がわかるので頭に入りやすい。
  • 難しい専門用語が少なく、重要な部分が明瞭。
  • 論点ごとテキスト➡問題練習を繰り返すので基礎が身に付きやすい。
  • 細かすぎないため途中で挫折しにくい。
  • 「著者の解き方動画」がWEBで見られる。
  • 「勘定科目一覧」「練習問題の答案用紙」ダウンロードできる。

 

 

余白が多いので、自分の解釈などを書きこみやすいので使いやすいですね。

簿記2級のおすすめ参考書(テキスト)3選まとめ

簿記の勉強をする前と、実際簿記の勉強を終えてからだと参考書の選び方も変わったかも。

今回選んだ3つのおすすめ簿記2級の参考書はどれを使っても合格するための知識は網羅しています。

どれを選んでも、コツコツ積み上げていけば合格できます。

 

簿記2級の参考書の選び方は

  1. インプットにかけられる時間で選ぶ
  2. カラフルがいいのかシンプルがいいのか見た目で選ぶ
  3. 自分の性格で選ぶ(完璧主義?最重要な部分だけ知りたい?)
  4. モチベーションが保てそうな参考書を選ぶ

でOK。

ルナ
ルナ

数カ月一緒に過ごす参考書なので、自分の満足できるものをえらんでね。